この記事をシェアする

脂質異常症(高コレステロール血症、高脂血症)
薬を飲まないで何とかしたい

医学博士 大場啓一郎
>>プロフィール詳細

LDLコレステロールが高いけど、まだ何も症状がないから大丈夫ですよね!?

lipid_1

脂質異常症(高コレステロール血症、高脂血症)について、あなたはいくつ当てはまりますか?

  • 若い頃から高いので、そのままにしている
  • 食事や運動に気をつけても変わらなかったから、そのままにしている
  • 体重を落としたのに高いままなので、そのままにしている
  • 何も症状がないので、そのままにしている
  • LDLコレステロールは高い方がいいと思っている
  • 薬を飲むのが嫌で、そのままにしている

ひとつでも当てはまってしまった方は、かかりつけ医にぜひ相談してください!

あなたを看病・介護するために、配偶者やお子さまが生活を変えなくてはいけません

checklist8

動脈硬化、知らないうちに静かに病気は進行していきます

健康診断でLDLコレステロールや中性脂肪が高いと言われ、そのままにしていませんか?

「コレステロールを下げる薬できれば飲みたくない」
そうですよね、お気持ちは非常にわかります。

そして、少しだけこちらを読み進めてもらえないでしょうか?

LDLコレステロールや中性脂肪が高いと、動脈硬化が進んでしまいます。

しかし、動脈硬化は途中進行しても症状がありません。
症状が出るのは、動脈硬化による病気を発症した時、つまり脳卒中(脳梗塞や脳出血)、狭心症や心筋梗塞などです。

いずれも突然発症し、救急車で病院に運ばれるまでに亡くなってしまったり、治療が間に合って命が助かったとしても重い障害が残ることが少なくありません。

checklist11
重い障害が残り、今までの生活を送れなくなります。
配偶者やお子さまが仕事を辞めて生活を変えて、あなたの介護をすることになるかもしれません。

介護が負担となり、心の病気を抱える方も決して少なくありません。

もう一度考え直してください。
LDLコレステロールや中性脂肪が高いのに、そのままにしておいていいのでしょうか?

女性の場合、閉経後にLDLコレステロールはさらに高くなることがあります

lipid_2

体内の女性ホルモンが低下すると、どうしてもLDLコレステロールが高くなってしまいます。
高くなったLDLコレステロールのために動脈硬化が進み、いわゆる動脈硬化性疾患(脳出血、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞など)が起こりやすくなってしまいます。

比較的健康的な生活をしていても、お薬が必要な方もいるのです。

LDLコレステロールや中性脂肪が高ければ、一度かかりつけ医に相談を

lipid_3

再検査をして高くなければ、生活習慣を振り返り、しばらく様子をみることができる患者さんも少なくありません。
血圧が高かったり、糖尿病や喫煙など他の動脈硬化リスクがある方は、持病がない方よりもLDLコレステロールや中性脂肪の値を気にする必要があります。

かかりつけ医に相談してください。

相模原市中央区にある糖尿病治療・健康診断もできる内科病院クリニック
symview

あなたは本当にコレステロールを下げる薬を飲まなくていいのでしょうか?

揚げ物や卵を食べないようにしているのに、
なぜコレステロールが下がらない!?

相模原市中央区の糖尿病内科クリニック

食生活が悪いせいではない!?

あなたのLDL-コレステロールはいつから高いままでしょうか?
本当に薬を飲まなくてもいいのでしょうか?
きちんと医師に相談したことはありますか?

「コレステロールは下げ過ぎると良くない」
「コレステロールが低い方が、がんや脳卒中になりやすい」
「コレステロールが高い方が長生きする」

血圧の薬と同じぐらい、コレステロールに関しても書籍やネット上でデマが多く、非常に困ります。
ちなみに、上記3つはいずれも間違っています。

あなたがコレステロールを下げる薬を飲むべきかどうかは、あなたの動脈硬化リスクによります。
LDL-コレステロールが非常に高い場合、それだけで薬を飲んだほうがいい場合もあります。

LDL-コレステロールが高い状態をただ放っておくのではなく、一度しっかり相談しましょう。

コレステロールの薬のこと、副作用のことなど相談できます。

相模原市中央区にある糖尿病治療・健康診断もできる内科病院クリニック
symview

【人気記事まとめ】糖尿病、痛風・高尿酸血症、高血圧、高コレステロール血症、睡眠時無呼吸症候群など最も読まれている記事はこちらから

 

【糖尿病食事療法】糖尿病で食べてよいもの、あまり食べないほうがよいもの-糖質を気にしているけど食べたい方に向けた記事

著作・監修

 

大場啓一郎

  • 医学博士
  • 医療法人社団若葉堂 理事長
  • 大場内科クリニック 院長

「なんでも話し合える相談できるかかりつけ医

病院嫌い、病院が苦手な方でも通院できるクリニックです。

>> 初めてご来院の方へ-あなたの「かかりつけクリニック」

糖尿病を中心とした生活習慣病の診療を受けることができます。
糖尿病は生活習慣の見直し、食事・運動習慣の改善など、患者さんと相談しながら行っていくことが得意です。

糖尿病のみならず、高血圧脂質異常症(高コレステロール血症、高脂血症)痛風・高尿酸血症睡眠時無呼吸症候群などの診療も行っています。

大場内科クリニックはJR相模原駅徒歩1分とアクセス抜群です。
予約なし、紹介状なしで気軽に受診することができます。

内科・糖尿病を中心として呼吸器内科循環器内科消化器内科など幅広く診療しています。
いびき・睡眠時無呼吸症候群在宅酸素療法禁煙外来などの専門外来も併設しています。

【治療を継続したい病名をクリック】

 

クリニックブログ

一覧表示

time

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
大場内科クリニック
https://www.obanaika.com/
住所:神奈川県相模原市中央区
相模原1-2-6 カスミビル相模原1F
TEL:042-758-6811
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017/03
16
木 - 16:35

頸動脈エコー検査でわかること

頸動脈エコー検査でわかること エコー(超音波)を左右の首にあてるだけで、全身の動脈硬化を評価することが可能といわれています。 実際はエコー(超音波)で頸動脈にあるプラークや狭窄を評価しています。 エコ... >>続きを読む

2016/06
27
月 - 07:35

HDLコレステロール(善玉コレステロール)について

『HDLコレステロール(善玉コレステロール)の値が35mg/dl、基準値より低いので注意するよう言われました。コレステロールは低いほうがいいのですよね?』 値が高い方が体に都合のいいコレステロールもあ... >>続きを読む

2016/06
23
木 - 16:50

早発性冠動脈疾患家族暦とコレステロール

『父親が50歳の時に心筋梗塞になり、カテーテル治療を受けました。健康診断でコレステロールについて気をつけるよう言われました。』 比較的若い年齢で心筋梗塞などの冠動脈疾患を発症した方が、ご両親、兄弟・姉... >>続きを読む

2016/06
21
火 - 07:03

心筋梗塞とコレステロール

『心筋梗塞になったことがある人は、コレステロールをさらに厳しく管理する必要がありますか?』 はい、そうなんです。 冠動脈疾患の既往がある方は、LDLコレステロールの管理目標値を100mg/dlに設定し... >>続きを読む

2016/06
20
月 - 07:33

喫煙とコレステロール

『喫煙しているだけで、コレステロールの目標値は厳しくならないですよね?』いいえ、厳しくなることがあります(^^;;特に男性の場合、喫煙しているだけで、コレステロールの管理目標値をやや厳しくすることにな... >>続きを読む

相模原駅徒歩1分-大場内科クリニック-脂質異常症(高コレステロール血症・高脂血症)

「薬って一生飲まなきゃいけないんですか?」「なるべくなら飲みたくないです」

JR相模原駅徒歩1分の大場内科クリニックは地域(相模原市中央区)の「かかりつけ医」、脂質異常症(高コレステロール血症・高脂血症)をはじめとする生活習慣病を抱える方が多く通院しています。脂質異常症(高コレステロール血症・高脂血症)を放置すると動脈硬化性疾患(心筋梗塞・脳卒中)発症のリスクが高まります。生活習慣を改善することで薬を辞められる方は少なくありません。脂質異常症(高コレステロール血症・高脂血症)を正しく理解することが必要です。病院で受けた健康診断の結果をお持ちください。

医学的に必要のない方には脂質異常症(高コレステロール血症・高脂血症)の薬はおすすめいたしません。ただし、必要な方にはしっかりと説明させて頂きます。脂質異常症(高コレステロール血症・高脂血症)を放置したことが原因で動脈硬化性疾患(心筋梗塞・脳卒中)を発症した方を多くみてきたからです。

JR相模原駅徒歩1分(相模原市中央区) 大場内科クリニック 院長 大場啓一郎 


相模原 内科 病院 脂質異常症(高コレステロール血症・高脂血症)



相模原 内科 病院 脂質異常症(高コレステロール血症・高脂血症)