MENU CLOSE
大場内科クリニック

〒252-0231
神奈川県相模原市中央区相模原
1丁目2−6

公式SNS
  • twitter
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
リーフキッズ保育園 相模原(当院院長が理事長の保育園です)

バナナ食べると太りますか?
-わかりやすい糖尿病
食事療法

著作・監修

医学博士

大場啓一郎

糖尿病が気になるけど、
バナナ食べていいですか?

バナナひとつ食べたら糖尿病は悪くなる??

糖尿病だけど、血糖値高いけど、バナナが食べたい!

バナナひとつでどのくらいの糖質?

小腹が空いた時に、朝食やおやつの時に手軽に食べれて、甘くて美味しいバナナ。
ダイエットの時のおやつとして食べている方もいるようですが、糖尿病治療とダイエットに励むあなた、食べても大丈夫なのでしょうか?

バナナ1本に含まれる糖質は、約22gです。
そんなに高くはないですが、しっかりと糖質が含まれています。
ちなみにバナナは果物ですので、糖質としては果糖(フルクトース)です。
血糖値をあまり上げず、インスリンも上昇することがないので、一見健康な糖質のように見えますが食べ過ぎはよくありません。

ちなみに、バナナには一本のカロリーは約80kcalあるといわれています。
1日何本もバナナを食べていれば、あっという間にカロリーを摂取してしまいます。
しかし、1本約80kcal、お菓子類を食べるよりは、いいかもしれません。

どのぐらいバナナ食べていいでしょうか?

血糖値やインスリンにあまり影響がないので、安心して食べれると思いがちですが、果糖(フルクトース)の摂りすぎはあまりよくありません。
果糖(フルクトース)の摂り過ぎたり、他の糖質などの影響を受けると、肝臓に脂肪が溜まったり内臓脂肪を増やして、インスリン抵抗性を悪化させてしまいます。

では、どのぐらいなら食べてもいいのでしょうか?
糖尿病治療中であまり状態が良くない方は、あまり食べない方が良いかもしれません。
ダイエット中の人でしたら、おやつとして1本ぐらいはOKです。
健康そうに見えても、果物の食べ過ぎはインスリン抵抗性を増やし、糖尿病の悪化や体重増加につながってしまいます。
皆さん、気を付けてください。

関連記事

糖尿病とはどんな病気?

院長ブログ 糖尿病

糖尿病に関する院長ブログ一覧です。

著作・監修

大場啓一郎

  • 医学博士
  • 医療法人社団若葉堂 理事長
  • 大場内科クリニック 院長

「なんでも話し合える相談できるかかりつけ医」

病院嫌い、病院が苦手な方でも
通院できるクリニックです。

糖尿病を中心とした生活習慣病の診療を受けることができます。
糖尿病は生活習慣の見直し、食事・運動習慣の改善など、患者さんと相談しながら行っていくことが得意です。

糖尿病のみならず、高血圧脂質異常症(高コレステロール血症、高脂血症)痛風・高尿酸血症睡眠時無呼吸症候群などの診療も行っています。

大場内科クリニックはJR相模原駅徒歩1分とアクセス抜群です。
予約なし、紹介状なしで気軽に受診することができます。

内科・糖尿病を中心として呼吸器内科循環器内科消化器内科など幅広く診療しています。
いびき・睡眠時無呼吸症候群在宅酸素療法禁煙外来などの専門外来も併設しています。

治療を継続したい病名をクリック

ページトップ