超音波検査

超音波(エコー)検査とは?

超音波(エコー)検査は、人の耳に聞こえない程の高い周波数の音波を手のひらサイズの機械から体内に送り、その反射波から臓器の大きさや形状などを調べる検査です。
肝臓、胆道、膵臓、腎臓といったお腹の中の臓器全般から、心臓や血管、乳腺、甲状腺など、肺や気体(ガス)のある部分と骨の奥以外の検査をすることができます。

体に悪い影響はないの?

超音波検査は音を利用した検査ですので、放射線による被曝などはなく、体に影響はありません
妊婦さんの定期検診(お腹の中の赤ちゃん)に用いられるように、繰り返し検査を行っても支障ありません。

超音波検査

当院で可能なエコー検査


当院では日本超音波医学会の認定超音波検査士が検査を行います。
検査に関しまして、お気軽に医師にご相談ください。