腹部エコー

腹部超音波エコー検査とは、高い周波数の音波を腹部にあて、腹部臓器の状態を調べる検査です。
胃や腸、肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、脾臓、大血管の様子を観察することが可能です。
X線やCTなどと違い、被爆もなく安全な検査で短時間で検査出来ます。
腹部臓器のより精密な検査が行えます。

腹部エコー検査で見える臓器は?

上腹部:肝臓・胆のう・膵臓・腎臓・脾臓・腹部大動脈
下腹部:膀胱・前立腺・卵巣・子宮

超音波検査:腹部エコー

腹部エコー検査で何がわかるの?

肝臓:肝臓癌・脂肪肝・肝炎・肝硬変など
胆のう:胆のう癌・胆のうポリープ・結石など
膵臓:膵臓癌・膵炎など
腎臓:腎臓癌・腎結石・腎炎など
脾臓:脾腫など
腹部大動脈:大動脈瘤
膀胱:膀胱癌・膀胱炎など
前立腺:前立腺肥大など
卵巣:卵巣のう腫など
子宮:子宮筋腫など

超音波検査:腹部エコー