この記事をシェアする

投稿日:2015年12月18日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。男性の方に多い病気として痛風がありますが、この病気は正しくは高尿酸血症といいます。早めに対処することで発作を防ぐことができます。

早めの受診がとても重要です

高尿酸血症の診療は痛風発作が発生して初めて行われる場合もありますが、健康診断などで尿酸値が高いと言うことがわかった段階で早めの受診をしていただくと痛い痛風発作を未然に防ぐことができます。尿酸値の状態にもよりますが、あまりに高い場合には飲み薬を使って治療することもありますし、それほどでもない場合には生活習慣の見直しによって尿酸値のコントロールを進めていく場合もあります。
いずれの場合も高尿酸血症の診療は生活習慣の見直しを含めた相談に応じるところからスタートすることになりますのでできるだけ早い段階で受信をしていただくと選択肢が多くなります。痛風は1度発作を起こすとなりやすくなってしまいますので、痛風発作が発生する前の段階のうち、少しでも早めの受診を推奨しています。

高尿酸血症の対応は生活習慣の見直しがとても大切です。食習慣や運動習慣を見直すことによっても改善を目指すことができますので、気になる方は早めに相談をしてください。

この記事をシェアする