この記事をシェアする

投稿日:2016年05月07日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。睡眠中の呼吸が止まっていると。睡眠中に酸欠状態になるために、どうしても熟睡できません。そうなるといろんな所に悪影響が出るので、早めに当クリニックで受診してください。

シーパップ療法で快適に眠る

当クリニックでは、閉塞型睡眠時無呼吸症候群(閉塞型SAS)の治療もおこなっています。眠っている時に呼吸が止まってしまい、それが原因で集中力低下し、交通事故などを起こす危険性もあります。大きないびきをかくなどの症状がある場合は、一度診察を受けてみるといいでしょう。
閉塞型睡眠時無呼吸症候群(閉塞型SAS)を改善するには、シーパップ療法が有効です。鼻にマスクをつけて、気道に圧力をかけて空気を送りこみ、睡眠中に気道が塞がらないようにする方法です。睡眠の質が改善し日中の眠気も少なくなります。家族もいびきがうるさくて眠れなくなることから解放されるので、ぐっすり眠れるようになります。ただしマスクを装着するので、不快感や寝苦しさを感じることもあります。のどの痛みがでることもあるので加湿機能のついているマスクを使うといいでしょう。

大場内科クリニックでは、閉塞型睡眠時無呼吸症候群(閉塞型SAS)の診察もおこないますが、しっかり検査をおこない改善策を提案します。シーパップ療法なら睡眠の質を改善することができます。

この記事をシェアする