この記事をシェアする

投稿日:2016年02月15日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。内科を中心に呼吸器内科や循環器内科、消化器内科など幅広く診察が可能で、閉塞型睡眠時無呼吸症候群(閉塞型SAS)の外来もあり診察が可能です。

自分だけではなく家族にも良い影響はない

閉塞型睡眠時無呼吸症候群(閉塞型SAS)は居眠りによる交通事故を引き起こしたり、突然死などの要因だけではなく生活習慣病の悪化などにも影響することが考えられます。閉塞型睡眠時無呼吸症候群(閉塞型SAS)の症状は大きないびきをかいたり、眠っている時に呼吸が止まるなどで、十分に睡眠をとれていないため日中の眠気や集中力低下など日常生活に様々な障害を引き起こします。原因は空気の通り道が狭くなることで引き起こるため、重症の場合にはCPAP療法が良い選択になります。閉塞型睡眠時無呼吸症候群(閉塞型SAS)は治療が必要な病気で、いびきにより家族も睡眠障害になっている可能性もあり、生活習慣病になったり、日中に居眠り運転をするなど自分だけではなく家族にも良い影響はないのです。

閉塞型睡眠時無呼吸症候群(閉塞型SAS)は自分では気がつかない場合もあります。閉塞型睡眠時無呼吸症候群(閉塞型SAS)外来を受診することで問診による調査や自宅での簡易検査などから保険適用になるCPAP療法などを受け改善することが期待できます。

この記事をシェアする