この記事をシェアする

投稿日:2016年02月11日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。会社では誰でも気軽に受けられる簡易な検診を行っている場合が多いですが、時折、心雑音などの心配になる異常が指摘されることもあります。そういう時は、問題を最小限に抑えることを考えましょう。

心雑音・心電図異常の診療を受けよう

近年は企業の方も労働者の健康を考え、健康診断を色々な機会に取り入れているケースも増えてきました。
定期的な診断の他に、入社の前に雇入時健康診断を行う会社も多数となっています。
何事もなければ気分良く働き始められるのですが、もし、雇入時健康診断で心雑音や心電図異常が見られた際には、先行きが心配になってしまいます。
もし、こういった異常が認められた、心雑音・心電図異常の診療が出来る病院で、精密検査を受け、原因をはっきりとさせたほうが良いです。
心雑音は聞こえていても無害な場合が多いですから、精密検査の結果、異常なしと太鼓判を押されるケースも多数です。
怖いのは難しい病気が隠れている場合ですが、その場合は放って置いて大事になるよりも、早めの処置でスムーズに解決するほうが、後悔はないでしょう。

心臓は人体でももっとも重要な器官の一つで、これが悪いと心筋梗塞などの心配も出てきます。心雑音や心電図異常で心配な点が見つかったら、放置してリスクを高めるよりも、早い段階でリスクを取り除くことが大切と言えます。

この記事をシェアする