この記事をシェアする

投稿日:2016年02月09日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。学校や会社で健康診断を受けたとき、心雑音・心電図異常という診断を受けることがあります。そんな時は早めに医療機関に受診して精密検査を受けることで、心雑音・心電図異常の理由がはっきりします。

鼻水の診療で病気を発見

健康診断で心雑音・心電図異常と診断されたら、早めの受診をすることをおすすめします。心雑音・心電図異常の理由には様々なものがあり、鼻水の診療から先天性心疾患が見つかることもあります。心臓は身体の中心にあるものですから、音だけでも様々な病気が見つかることがありますし、小さいときや若い時には判明しなかった病気が発見できることがあります。特に鼻水をすすることが続いた場合、健康診断などでも疾患が見つからない場合があります。しかし心雑音・心電図異常と診断されて精密検査を受けることによって、自覚症状がなかったり、まだ症状が出ていない場合でも病気が早期発見できることがあります。症状が出る前に発見することによって、治療の幅も広がります。

鼻水が出ることが長く続いた場合、風邪だろうと安易に決めつけずに、早めの受診が必要です。ちょっとした気になることでも、病気の早期発見につなげることができるでしょう。

この記事をシェアする