この記事をシェアする

投稿日:2016年02月06日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。会社に勤め始める時には雇入時健康診断を行います。その中で生理機能検査として行うのが心電図です。心臓の動きを調べることによって体調が良いのかどうかがわかります。

生理機能検査の健診項目としての心電図検査

生理機能検査の健診項目として心電図検査があります。これは雇入時健康診断で行われることもあるのです。循環器や呼吸器に異常がないか調べることで健康に貢献します。心電図検査は心臓で生じている電気信号を確認することによって正常に働いているかを調べるのです。心臓は筋肉で動いていて血液を送り出したりしています。広がったり縮まったりしていくに伴い活動電流が発生するのです。それを波形にして表し、分析することで調子が良いのか悪いのかを調べます。心電図は体を動かして測定するものや自宅の生活の中で測定していくものなどがありますが、健康診断で行うのは一般的に普及している安静状態で測定するものです。心臓に関することのうちでは簡単に検査が行えるので健康診断などにもよく用いられるものです。病気をすぐに発見できるため、定期的に受けてみるのが大切となります。

雇入れ時に健康診断を行うのは一般的となっています。生理機能を調べるために心電図の検査を行うこともあるのです。心電図は心臓の活動電流を測定するものとなっています。きちんと行っておくことが病気の早期発見につながるのです。

この記事をシェアする