この記事をシェアする

投稿日:2016年01月31日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。企業が法令で定められている企業定期健康診断の診断項目でX線や心電図を取り入れることで日頃の生活環境により起こる慢性心不全の予防となります。

慢性心不全を予防・発見する検査

企業定期検診診断を行う際に企業として検診項目の選択について悩んでいる時には、大場内科クリニックでは一般的な検診項目が揃っている企業定期検診診断をおすすめしています。一般的な検診項目とは、内科診察・一般計測・尿検査・血液検査(貧血・脂質・肝機能・糖検査)・胸部X線検査・心電図です。この検診項目の中でも特に胸部X線検査と心電図の検査を受けることで、心臓の機能状態についてチェックすることができ、普段の生活習慣によることが原因と言われている慢性心不全の可能性を発見することができます。慢性心不全は心臓機能が低下することで疲れやすかったり、少し動いただけでも息切れをしたり普段の生活をするのも大変になります。慢性心不全になる前に日頃の生活環境を改善することができます。従業員に健康な体で仕事をしてもらうために企業定期健康診断で心臓機能のチェックを行うことも大切です。

企業定期健康診断で心臓機能をチェックすることで、心臓病の1つ慢性心不全の可能性を発見することができます。企業として従業員に健康で仕事をしてもらうために心臓機能をチェックしすることも大切なことです。

この記事をシェアする