この記事をシェアする

投稿日:2015年12月16日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。風邪をひくことはだれでもありますが、風邪の診療であっても早めの診療をうけたほうが回復することができます。まずは診察をうけることが必要です。

風邪暗いと思わないことが必要

風邪くらいそのうち治ると思っている人は多いです。たしかに免疫力のある人でしたら放置していてもそのうちに治るということもありますが、たいていの場合は長引いてしまったり、悪化することが多いです。ですから風邪の診療は早めの受診が必要です。また風邪だと思っても実は別の病気の可能性も少なからずあります。それには、普段からかかりつけ医をつくっておいて、定期的に健康診断をうけておくことで、発見が早くなることがあるのです。大場内科では、特定検診をおこなっていますし、超音波検診にも力を注いでいます。ですから少しでも調子が悪いという患者さんにもしっかりと検査のシステムが整っているのです。風邪と思っても少しでも普段との違いを感じたら、検査をする体制をつくることが必要で、そのためにもかかりつけ医の存在はとても大きいです。

風邪はだれでも引くものと思っても、早く受診して適切な処置をしたほうが早く治ります。また別の病気が隠れている可能性もあるので、普段からかかりつけ医に通って自分の体の変化をみてもらうことが大切です。

この記事をシェアする