この記事をシェアする

投稿日:2015年12月15日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。気管支喘息は発作が出てしまうと呼吸をするための気管が細くなってしまって、何もしたいなくても呼吸困難になってしまうので早めの受診が必要です。

発作が出る前のケアが大切

気管支喘息は一度発作が出てしまうと、症状が落ち着くまで時間がかかってしまいます。また吸入器などの薬は発作の症状をやわらげてくれる効果がありますが、何度も使い続けていると効果が薄れてしまう可能性もあるので注意が必要です。
気管支喘息を持病として持っている場合は、発作が出ている時だけでなく日頃からの薬を利用して発作が出ないように気をつけることが大切です。
もしも発作が出てしまったり、体調がおかしいなと思ったら早めの受診をおすすめします。気管支喘息は症状がひどくなってしまうと、横になることが苦しくなってしまったり睡眠もとれないといった辛いことになってしまうケースも珍しくなく、入院しなければならない場合もあります。
できるだけ早めの受診をして、日頃からのケアが重要です。

気管支喘息は発作が出てしまうと、なかなか症状を改善するまでに一定の期間がかかってしまいます。発作が出ないように日頃から薬を利用するなどしてケアしていくことが大切です。

この記事をシェアする