この記事をシェアする

投稿日:2015年12月11日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。相模原駅南口徒歩1分のところで開業しています。あらゆる体調不良のご相談と診察、検査に対応しており、あなたの頼れるかかりつけ医になりたいと考えております。

気管支喘息は早めの受診が大切です。

アレルギーのせいで気管が狭まってどんどん呼吸が苦しくなる気管支喘息は、気管を広げるお薬や痰を切るお薬、アレルギーを抑えるお薬などを使用することで、とても楽になります。これくらいでと我慢していてもせきがひどくなったり、胸が苦しくて眠れなくなったりしますので我慢はよくありません。我慢をしていると、どんどん体力を消耗してしまい、体調はますます悪くなっていきます。気管支喘息は薬でコントロールできる病気です。季節の変わり目などに注意をしていれば全く問題なく日常生活をおこなっていくことが出来ます。呼吸が苦しくてヒューヒュー、ゼイゼイいう、乾いたせきが止まらない、またはせきのたびに痰がたくさん出て苦しいなどの症状がでてきたら、悪くなる前にぜひ大場内科クリニックまでお越しください。早目の受診で症状は必ず改善されますよ。

大場内科クリニックでは、気管支喘息の治療のほか、あらゆる体調不良のご相談と診察、予防注射、各種健診、健康診断を取り扱っております。身近なかかりつけ医として、何かありましたらお気軽にご相談にお越しください。不安に思っておられることも相談によって解消されることも多いですので、お気軽に話しに来て下さいね。

この記事をシェアする