この記事をシェアする

投稿日:2016年06月02日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。せきの症状ですぐに思いつくのが風邪ですが、せきはさまざまな病気の前兆とみることもできます。ですから、せきが続いたときは早めの受診することが大切です。どんな病気も早めの対応が治療の基本です。

「せき」が長引いたら受診をお勧めです。

こんにちは、大場内科クリニックです。誰でも「せき」は出ますが、長引いたときは「誰でも」がなる症状とはいえません。なにかの前兆である可能性を疑うのが正しい対応です。「せき」が続きますと本人も苦しいですが、周りに対しても不安を与えるものです。
「せき」の治療方法には市販薬で対応する人もいますが、市販薬にもいろいろな種類があります。自分に適合している薬を見つけるのは一般の人には難しい面があります。その意味でも「せきの診療」は専門家に受診するのがベストです。
「せき」が出る症状にはのどに原因がある場合もありますし、肺に原因がある場合などいろいろな要因があります。ですから「せきの診療」は早めに受けて正しい対応策を取ることが一番大切です。「せき」が長引きますと、今度はその「せき」がほかの病気を誘発することもあります。

「せき」をしている姿はほかの人にも不安を与える動作です。菌をまき散らしている印象を与えますので周りを不快にすることもあります。「せき」は「万病の元」という気持ちで早めの受診が基本です。

この記事をシェアする