この記事をシェアする

投稿日:2016年07月08日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。さて、よく耳にする「生活習慣病」ですが、この病気、原因は小さなことの積み重なりですが引き起こされる病気は3大死因に大きく関わっているということをご存知ですか?

早期受診は大切な鍵です

生活習慣病は喫煙、飲酒、肥満、生活リズムの乱れ、運動不足、栄養バランスの偏りなどが原因で引き起こされる病気の総称で、具体的に言えば高血圧や糖尿病などが含まれます。実はこれらはがん、心臓病、脳血管疾患という3大死因との繋がりがとても強い病気です。ではなぜ早めの受診が大事なのかといいますと、生活習慣病の原因は名前の通り生活習慣によるものなので、早めに自分の生活を見つめ直して予防することで改善することができるからです。しかし、こんなに恐ろしい病気にもかかわらず、自覚がなく危機感を持たなければ間違いなく大きな病気につながってしまいます。生活習慣病の診療は難しいものではありませんし、病気かどうかにかかわらず、自分の生活習慣や健康状態を改良することにも繋がります。

恐ろしい病気に火をつける生活習慣病。でもそれは早く受診することで改善、予防の余地はたくさんあります。生活習慣病の診療をぜひできるだけ早く受けることをお勧めします。

この記事をシェアする