この記事をシェアする

投稿日:2016年07月08日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。高血圧症と診断されている現代人は多いです。しかし、血圧が高いからといって、痛みを感じたり発熱するわけではありません。自覚的症状がほとんどないのが大きな特徴なのです。ですから、治療を受けることなく放置しているケースが少なくありません。

高血圧症と診断されたら治療が急がれます

当クリニックには、内科、循環器内科、消化器内科などを設け、さまざまな患者の診療にあたっています。中でも、高血圧症状を呈している人が目立ちます。高血圧とは、血管に過剰な圧力がかかっている状態を意味しています。そんな状態がずっと続くと、血管への負担が過重になってきますので、血管が破裂してしまうリスクが出てきます。高血圧症そのものはほとんど痛みや痒みを感じることがなく、健康診断で血圧測定をして指摘された、というのが一般です。自覚症状がないだけに、放置している人も少なくありません。しかし、高血圧症は脳や心臓などの重大な疾患を引き起こすリスクがありますので、できるだけ早期にかかりつけ医で治療を受けることが望ましいです。当クリニックでももちろん治療を行っています。

大場内科クリニックでは、高血圧症の治療も行っています。患者自身に自覚がないところから、症状を軽視している人も少なくありません。しかし、何の対策もとらないで放置していると思わぬ大きな疾患を呼びよせる危険性があります。

この記事をシェアする