この記事をシェアする

投稿日:2016年09月14日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。高血圧の場合、どの科にかかればいいのかわからないといった人もいるかもしれません。基本的には内科で大丈夫ですが、よりきちんと診てもらうならば循環器内科を選ぶとよいでしょう。

高血圧はすぐに改善できるわけではない

高血圧の診療をする場合には、血圧を下げる薬などを利用していくことになります。しかし薬を飲んだからといってすぐに症状が改善するわけではありません。高血圧の症状を改善していくためには、食生活を変えていったり適度な運動をしたりと生活環境も変えていく必要があるのです。そして高血圧の治療の場合には定期的に病院で診察してもらうことも大切です。
高血圧は長く付き合っていかなければならない病気ですから、自分の身体の状況をよく知っていてくれるかかりつけ医を持つことが重要になってきます。きちんと自分の身体の状態を把握してくれることで、症状の移り変わりなどもよくわかりますし、ちょっとした変化にも気がついてもらうことができるので、いつでも行ける病院を作っておくと安心して治療を受けることができます。

高血圧は薬を利用しての治療だけでなく、日頃の生活習慣の改善も大切になります。日常生活のアドバイスをもらうことができる長く付き合うことができる病院を見つけることも大切です。

この記事をシェアする