この記事をシェアする

投稿日:2016年09月15日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。患者が医療機関に通院をするのが困難な場合が増えています。そんなときには在宅医療をおこなっている医療機関により治療や病状を診てもらうことで、患者やその家族の負担を軽減することが出来ます。

在宅医療とは訪問診療や往診がメインです

訪問診療や往診といった在宅医療にも力を入れて取り組んでいる医療機関として活動をしています。訪問診療はそもそも定期的に患者の自宅を訪問し、治療などの医療行為を行います。これに対して往診は、患者からの急な呼び出しにより治療行為を行うものです。遠方等の理由でちょっと通院が難しいけど調子がよくないといったときに利用をしていきます。診療エリアや診療時間などの情報は、気軽に質問をしてもらえれば対応します。これからの日本は急速な少子化及び高齢化で、なかなか通院が難しいという人も増えていきますが、医療機関側にあっても患者への自宅等での治療を行っていることを知ってもらって、利用をしてもらうことが出来る時代になりました。介護保険等の利用に関する相談も受けています。

訪問診療や往診も行う医療機関です。ちょっと具合がわるいけれど通院が出来ないといったときに利用をすることが出来ます。定期的に行う場合もあれば、急患にも対応が可能です。

この記事をシェアする