この記事をシェアする

こんにちは、大場内科クリニックです。胸が締め付けられるような痛みがあったり、動機や息切れがしたり、ズキズキ・チクチクとした痛みを感じてはいませんか?胸痛という怖い感じがして、病院から遠ざかっている方もいるかもしれませんが、何が原因なのかを知るのはとても重要なことですので早めの受診が大切です。

相模原市中央区で胸が痛い息苦しい症状の原因を検査する

胸痛を引き起こす原因について

胸痛を起こす原因は色々あります。
まずは、心臓からの信号。
心臓の筋肉を取り巻く欠陥が動脈硬化で狭くなったり、ふさがったりしてしまうと発症します。
締め付けられるような痛みが続いたり、呼吸困難になる方もいます。
狭心症や急性心筋梗塞などが代表といえるでしょう。
次に、大動脈からの信号。
大動脈の壁が剥がれたり、こぶができることによって発症します。
胸痛に加え、背部や手足に痛みが出ます。
そして、肺からの信号ということもあります。
細菌やウイルスなどの感染による炎症や腫瘍、狭窄や梗塞により発症し、発熱やせき・呼吸困難なども起こります。
さらに、胸痛というのは胸に近い心臓や肺からが原因なだけでなく、消化器系の食道や膵臓・胆のうの病気による痛みの放散、帯状疱疹・骨折などの外傷、さらに心因性の心臓神経症などと様々な個所からの信号として起こります。
胸痛の診療を受けていただかないと判断出来ないものもたくさんあるのです。

上記に挙げたように、胸痛を起こしている原因は非常に多岐にわたっています。なかには緊急を要するものもありますので、早めに胸痛の診療を受けていただくようお願い致します。

この記事をシェアする