この記事をシェアする

投稿日:2016年11月21日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。インフルエンザは風邪とよく似た症状が出たり、急に高熱が出たりと人によって症状が違います。素人ではかかっているかの判断は難しいのですし、早めの受診をすることでインフルエンザの診療も早くできて楽になります。

インフルエンザの診療は早めの受診が肝心

インフルエンザになるとよく高熱を出すことで知られていますが、実は全員が高熱を出すわけでなありません。B型だと微熱が続いたりと風邪の症状に似ているので検査をしてみないと判断が出来ません。
予防注射を受けているときでもA型もB型も微熱であることもあり、ワクチンが抗体として体にある間は発症も緩やかなので判断もしにくいです。
インフルエンザのウイルスは発症してから凄いスピードで増えていきますが、これも12時間経過しないと検査ではウイルスが検出されません。
流行した時期に微熱が1日以上続くときはインフルエンザの可能性も高いので、早めに病院での診察や検査を受けたほうが良いです。
軽く考えていると肺炎を起こして微熱から高熱へと変化し症状も悪化しますので注意が必要です。少しでも気になる症状が出たときには早めの受診が大切です。

当院は内科なので初診したときには患者の症状で何が起きているかを判断して適切な治療を行なうために診察を行います。インフルエンザだと抗インフルエンザ薬を処方し、喘息患者のときには呼吸器内科で診察と治療をします。

この記事をシェアする