この記事をシェアする

投稿日:2016年11月19日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。健康のためには質の良い睡眠が必要不可欠です。しかし、寝ても疲れが取れない、日中の眠気が強い、家族のいびきで眠れないなどと感じている人が多いのではないでしょうか。その悩み、睡眠時無呼吸症候群の治療により解決できるかもしれません。

睡眠時無呼吸症候群のCPAP治療とは

睡眠時無呼吸症候群は寝ている間に呼吸が止まることで、大きないびき、倦怠感、昼間の眠気や集中力の欠如などを引き起こします。病院で診療を受け、治療をすれば良くなる見込みがあり、代表的な治療の1つがCPAP治療です。寝る時にマスクをつけることで空気を気道に送り、睡眠中の呼吸を助けます。空気が十分に送られることで、質の良い睡眠をとることができるようになるのです。
睡眠時無呼吸症候群は高血圧や脳卒中などの生活習慣病の原因になることも分かっており、睡眠時無呼吸症候群の治療が結果的に、生活習慣病予防にもつながるのです。
当医院は、予約や紹介状がなくても受診できます。症状をしっかりと把握し、自宅での簡易検査や自宅での精密検査を通して、必要な治療を見極め、治療をさせていただきます。

この記事をシェアする