この記事をシェアする

尿酸値が高いと動脈硬化が進みやすいでしょうか?

 
尿酸値はそれ自体が抗酸化作用をもちながらも強い血管障害性も有しており、高尿酸血症は、動脈硬化の独立した危険因子である(JSH2014)とされています。

 
つまり、尿酸値が比較的高いと動脈硬化が進みやすくなる可能性が高い、ということです。

 
動脈硬化は動脈硬化性疾患(脳卒中や心筋梗塞など)の発症につながります。

 

【痛風・高尿酸血症 関連記事】
痛風・高尿酸血症をすぐ治療・検査したい
痛風何科にかかればいいの?
痛風の痛みを抑えるための薬
痛風冷やすの?温めるの?
高尿酸血症の治療方針どうする?
痛風・高尿酸血症ではじめて受診した時はどのくらいお金がかかる?
薬をもらう定期的な通院には、どのくらいかかる?
高尿酸血症を放置すると「痛風」になります
高尿酸血症を放置すると「動脈硬化」が進みます
高尿酸血症を放置すると「尿管結石」になります
高尿酸血症の薬を飲み続けるとどうなる?
痛風・高尿酸血症、なんでも気軽に相談できる医師を探そう

 

痛風・高尿酸血症についてさらに↓↓↓
痛風・高尿酸血症ブログ一覧 https://obanaika.com/blog/blogc/gout

 

 

内科・糖尿病・健康診断・ワクチン・受付電話

クリニックブログ 相模原 病院 内科 痛風 高尿酸血症 痛風発作 関節炎
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
大場内科クリニック
http://www.obanaika.com/
住所:神奈川県相模原市中央区
相模原1-2-6 カスミビル相模原1F
TEL:042-758-6811
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 
相模原 病院 内科 痛風 高尿酸血症 痛風発作 関節炎

この記事をシェアする