この記事をシェアする

血清尿酸値はいくつ以下にするべきでしょうか?

 
痛風関節炎を繰り返す症例や痛風結節を認める症例は薬物療法の適応となり、血清尿酸値を6.0mg/dL以下に維持するのが望ましい、とされています。

 
尿酸値を下げるお薬はいくつもありますが、フェブリクであれば1日の内服量が20-30mg程度で、目標である血清尿酸値6.0mg/dL以下を達成できている方が多いです。

 
尿酸値が高い方、高尿酸血症は痛風関節炎だけではなく腎不全のリスクでもあります。早期からの治療をお勧めいたします。

 

【痛風・高尿酸血症 関連記事】
痛風・高尿酸血症をすぐ治療・検査したい
痛風何科にかかればいいの?
痛風の痛みを抑えるための薬
痛風冷やすの?温めるの?
高尿酸血症の治療方針どうする?
痛風・高尿酸血症ではじめて受診した時はどのくらいお金がかかる?
薬をもらう定期的な通院には、どのくらいかかる?
高尿酸血症を放置すると「痛風」になります
高尿酸血症を放置すると「動脈硬化」が進みます
高尿酸血症を放置すると「尿管結石」になります
高尿酸血症の薬を飲み続けるとどうなる?
痛風・高尿酸血症、なんでも気軽に相談できる医師を探そう

 

痛風・高尿酸血症についてさらに↓↓↓
痛風・高尿酸血症ブログ一覧 https://obanaika.com/blog/blogc/gout

 

 

内科・糖尿病・健康診断・ワクチン・受付電話

クリニックブログ 相模原 病院 内科 痛風 高尿酸血症 痛風発作 関節炎
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
大場内科クリニック
http://www.obanaika.com/
住所:神奈川県相模原市中央区
相模原1-2-6 カスミビル相模原1F
TEL:042-758-6811
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 
相模原 病院 内科 痛風 高尿酸血症 痛風発作 関節炎

この記事をシェアする