MENU CLOSE
大場内科クリニック

〒252-0231
神奈川県相模原市中央区相模原
1丁目2−6

公式SNS
  • twitter
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
リーフキッズ保育園 相模原(当院院長が理事長の保育園です)

長ブログ

Doctor's Blog

あなたが「知らなかった」でつらい思いをしないように、後悔しないように。

2016.04.30(Sat) - 18:16 - 6:16 pm

「生椎茸」と「干し椎茸」選ぶならどっち?- 痛風・高尿酸血症の食事 スタッフブログ

医学博士 大場啓一郎
>>プロフィール詳細

医学博士 大場啓一郎

「生椎茸」と「干し椎茸」選ぶならどっち?- 痛風・高尿酸血症の食事

和食の定番、筑前煮。
欠かせない材料の一品に「椎茸」が有ります。
プリン体摂取量に気を付けたい方。使うなら「生椎茸」と「干し椎茸」どちらを選びますか?

煮物と言えば、旨味たっぷりの出汁でコトコト材料を煮ていき、味をたっぷりと染み込ませて、頂きたいものです。
そして、乾燥品である「干し椎茸」はプリン体が多く、その戻し汁を使って調理するとプリン体を多く摂ってしまう事になります。
戻し汁は使わず、戻した椎茸のみを使う場合はプリン体含有量は少なくなりますが「生椎茸」を使う方が無難のようです。

同じ食材でも、選び方でプリン体摂取量は抑えられそうですね。