この記事をシェアする

糖尿病でかかる費用、どれぐらい?

糖尿病の可能性があり、糖尿病の検査費用が知りたい方、糖尿病の治療にかかる費用を改めて知りたい方などに向けての記事です。


YouTubeサムネイル_糖尿病再診_HP設置画像_youtubeロゴ入り_532x355

はじめてクリニックにかかった時にいくら費用がかかるか?

糖尿病かどうか、糖尿病の原因も検査します

検査が多い分、初診の方が費用がかかりやすい

糖尿病の検査費用1

しっかり検査をしたら、5000~7000円ぐらいはかかります

糖尿病が心配で、はじめてクリニックを受診した際の流れはこんな感じだと思われます。



  • 受付
  • 問診票の記入(なぜクリニックに来たのかなどを記入します)
  • 医師や医療スタッフによる問診内容の確認
  • 医師による診察
  • 血液・尿検査
  • 他に必要な検査
  • 医師による診察(検査結果の説明、糖尿病についての説明、薬の処方など)
  • 会計(薬の処方箋をもらいます)


このような流れで診療が行われた場合、保険証の自己負担額3割の方は、
約5000~7000円かかります。
お支払いは現金のみのクリニックが多いので、お金が足りないことのないように現金をしっかり用意しておきましょう。

もし薬が処方されたら、薬局に処方箋を持って行って、薬を受け取りに行きます。
あなたに合った、身近なかかりつけ薬局をぜひ見つけてください。
薬をもらう際に、薬代などのお支払いもあります。
クリニックでのお支払いに加えて、薬局でのお支払いもあるので、さらに数千円は余裕をもって用意しておきましょう。

薬局でも医療保険を利用することができます。
ジェネリック医薬品を希望すれば、お薬代がより安くなります。



【糖尿病-初心者でもわかる】はじめての糖尿病【記事まとめ】


>>参考:糖尿病とはどんな病気?治療や検査を簡単にわかりやすく【まとめ】

>>参考:糖尿病食事療法「あなたの食事はここが間違っている」今日からできる食生活の改善


定期的な通院で毎回どのくらい費用がかかるか?

糖尿病が悪化していないか検査をします

初診ほどは費用がかからないが、検査次第で費用アップ

糖尿病の検査費用2

きちんと検査をする病院なら、3000~5000円ぐらいはかかります

糖尿病の治療方針が決まり、定期的に通院することが決まりました。
糖尿病治療のために薬を使いながら、定期的に通院する場合、毎回どのくらい費用がかかるのでしょうか?

糖尿病の治療で、かかりつけのクリニックを再診した際の流れはこんな感じだと思われます。



  • 受付
  • 問診(お薬を飲んで変わりがないかなど体調の確認)
  • 医師による診察
  • 血液・尿検査
  • 他に必要な検査
  • 医師による診察(検査結果の説明、糖尿病についての説明、薬の処方など)
  • 会計(薬の処方箋をもらいます)


このような流れで診療が行われた場合、保険証の自己負担額3割の方は、
約3000~5000円かかります。
再診の場合でも、クリニックでのお支払いに加えて、薬局でのお支払いもあるので、さらに数千円は余裕をもって用意しておきましょう。

一般的には、インスリン注射をしているほうがより多く費用がかかります。
インスリンなどの注射療法を開始すると「管理料」と呼ばれる治療費、血糖値測定に必要な器具や物品の費用がかかるからです。
内服薬のみの場合と比較して、治療費がかさむのはそのためです。

そして、血糖値が下がらずインスリン療法が開始されたり、糖尿病合併症の検査が必要となった場合、治療費が高額となる可能性があります。
その際は、医療保険により高額療養費制度を利用することができます。
高額療養費制度を利用すると、医療費の月合計金額が一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が、あとから返金されます。
外来のみならず入院でも適応されます。
自己負担額は世帯で合算することができますので、まずはご家族で金額を計算してみましょう。
高額療養費制度が利用できる対象や条件(自己負担限度額など)を確認してください。

ちなみに、糖尿病が悪化して入院が必要となった場合、外来以上に治療費がかかります。
日頃から健康に注意して病への備えをしておきましょう
糖尿病が悪化してもきちんと薬を服用し健康に注意することで、インスリン療法が中止できたり、合併症の状態を改善することができます。


>>参考:糖尿病の症状チェックリスト-初期症状~末期症状-目の症状や足の痛みなど

>>参考:HbA1cとはどんな検査?基準値や正常値-糖尿病の診断・治療目標



【糖尿病 関連記事】
糖尿病とはどんな病気?治療や検査を簡単にわかりやすく【まとめ】
糖尿病の食事療法「炭水化物・糖質制限ダイエット」
HbA1cとはどんな検査?基準値や正常値-糖尿病の診断・治療目標
運動療法で糖尿病が改善出来るのか?〜運動と糖尿病〜
糖尿病のインスリン注射いつから誰がうつ必要があるのか?やめられる?
糖尿病の血糖測定はいつ・なぜするの?いくつならOK?
糖尿病の症状チェックリスト-初期症状~末期症状-
糖尿病の検査や治療にかかる費用は?初診と再診の違い
糖尿病を予防したい!食べ物と運動どうすればいい?
糖尿病の原因とは?甘いもの、食べ物、ストレス、運動不足?生活習慣を振り返る


【糖尿病食事療法】糖尿病で食べてよいもの、あまり食べないほうがよいもの-糖質を気にしているけど食べたい方に向けた記事

糖尿病の検査や治療にかかる費用は?初診と再診の違い-JR相模原駅1分-大場内科クリニック

糖尿病でかかる費用を初診時と再診時それぞれ簡単にわかりやすく解説します。

初診時の方が、糖尿病の診断や原因を調べる検査をすることがあり、再診時と比べて費用が高くなることが多いかと思います。

費用が安ければ良いという訳ではなく必要な検査をしっかりすることが大切です。

病院で支払う費用は検査内容次第となり、事前に予想することが難しく、病院によって検査内容が違うため費用の面で心配な方も多いと思います。

初診と再診でかかる糖尿病の検査費用や治療費用を理解し、安心して病院を受診できるようになります。


>>参考:糖尿病とはどんな病気?治療や検査を簡単にわかりやすく【まとめ】
>>参考:HbA1cとはどんな検査?基準値や正常値-糖尿病の診断・治療目標
>>参考:運動療法で糖尿病が改善出来るのか?〜運動と糖尿病〜
>>参考:糖尿病のインスリン注射いつから誰がうつ必要があるのか?やめられる?
>>参考:糖尿病の食事療法「炭水化物・糖質制限ダイエット」
>>参考:糖尿病の血糖測定はいつ・なぜするの?いくつならOK?
>>参考:糖尿病の症状チェックリスト-初期症状~末期症状-
>>参考:糖尿病を予防したい!食べ物と運動どうすればいい?
>>参考:糖尿病の原因とは?食べ物、運動不足、ストレス、生活習慣

JR相模原駅徒歩1分-相模原市中央区相模原1-2-6 大場内科クリニック

医学博士 大場啓一郎
>>プロフィール詳細



糖尿病についてさらに↓↓↓
糖尿病ブログ一覧 https://obanaika.com/blog/blogc/dm



著作・監修




大場内科クリニック_院長_医学博士_大場啓一郎

大場啓一郎

  • 医学博士
  • 医療法人社団若葉堂 理事長
  • 大場内科クリニック 院長

「なんでも話し合える相談できるかかりつけ医

病院嫌い、病院が苦手な方でも通院できるクリニックです。

>> 初めてご来院の方へ-あなたの「かかりつけクリニック」

糖尿病を中心とした生活習慣病の診療を受けることができます。
糖尿病は生活習慣の見直し、食事・運動習慣の改善など、患者さんと相談しながら行っていくことが得意です。

糖尿病のみならず、高血圧脂質異常症(高コレステロール血症、高脂血症)痛風・高尿酸血症睡眠時無呼吸症候群などの診療も行っています。

大場内科クリニックはJR相模原駅徒歩1分とアクセス抜群です。
予約なし、紹介状なしで気軽に受診することができます。

内科・糖尿病を中心として呼吸器内科循環器内科消化器内科など幅広く診療しています。
いびき・睡眠時無呼吸症候群在宅酸素療法禁煙外来などの専門外来も併設しています。


【治療を継続したい病名をクリック】



クリニックブログ

一覧表示


time

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
大場内科クリニック
https://www.obanaika.com/
住所:神奈川県相模原市中央区
相模原1-2-6 カスミビル相模原1F
TEL:042-758-6811
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇