相模原町田橋本睡眠時無呼吸症候群topj
相模原市中央区で町田橋本八王子からも通院可能な内科病院・睡眠時無呼吸症候群(いびき)外来 CPAP療法

睡眠時無呼吸症候群 (Sleep Apnea Syndrome:SAS(サス))

 
 

居眠り運転による交通事故、突然死、生活習慣病の悪化

 

家族であるあなたにできることがあります。

 

相模原 内科 病院 睡眠時無呼吸症候群(いびき)外来 CPAP療法

大きないびき、日中の眠気、集中力低下、居眠り運転による交通事故 眠っている時に呼吸が止まり、それが原因となって日常生活に様々な障害を引き起こす病気です。多くは空気の通り道が狭くなることによって起こる閉塞型睡眠時無呼吸症候群(閉塞型SAS)で、特に重症型にはCPAP(シーパップ)(持続陽圧呼吸療法)装置による治療が有効とされています。


相模原 内科 病院 睡眠時無呼吸症候群(いびき)外来 CPAP療法

あなたのイビキでご家族も睡眠障害になっていることがあります。
高血圧などの生活習慣病になったり、日中の強い眠気のために居眠り運転をしてしまうことがあります。
睡眠時無呼吸症候群を治療することで家族全体にもメリットがあるのです。



 

睡眠時無呼吸症候群 (Sleep Apnea Syndrome:SAS(サス))の定義

無呼吸(10秒以上の呼吸停止)が

1. 1時間あたり5回以上ある

2. 7時間の睡眠中に30回以上ある

どちらか一方でもあてはまる方を“睡眠時無呼吸症候群”と診断します。


 

症状

大きないびき、寝汗をかく、寝相が悪い、何度もトイレに起きる、慢性的な頭痛、倦怠感、日中の眠気-呼吸が止まっている間は十分に酸素を取り込むことができません。酸欠の状態が睡眠中に繰り返し起きている状態です。深い睡眠は得られず、浅い眠りが続き、さらに睡眠は分断されてしまいます。いくら寝ても睡眠不足の状態であると考えてもいいかもしれません。


相模原 内科 病院 睡眠時無呼吸症候群(いびき)外来 CPAP療法

肥満や生活習慣病がありメタボリックシンドロームの診断基準にあてはまるような方で多血症がある方は、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。
日中の眠気、昼食後の強い眠気はありませんか?

 

閉塞型SASの合併症

相模原 内科 病院 睡眠時無呼吸症候群(いびき)外来 CPAP療法

高血圧は健常人の約1.37倍夜間心臓突然死は健常人の約2.61倍脳卒中・脳梗塞は健常人の約3.3倍と言われています。


相模原 内科 病院 睡眠時無呼吸症候群(いびき)外来 CPAP療法

逆に睡眠時無呼吸症候群が治療により軽快すれば、高血圧などの生活習慣病も改善するとの報告もあります。


居眠り運転による交通事故

AdobeStock_85367463

ニュースやワイドショーで既にご存知の方も多いかと思います。SASによる日中の眠気のために、交通事故や災害事故が起こっているという報告もあります。居眠り運転による交通事故率は健常者の約7倍も高いと言われています。


相模原 内科 病院 睡眠時無呼吸症候群(いびき)外来 CPAP療法

検査の流れ

相模原 内科 病院 睡眠時無呼吸症候群(いびき) CPAP療法  
 

簡易検査
ご自宅でごく簡単な装置をつけて一晩眠って頂きます。 睡眠中に無呼吸や低呼吸の状態を測定し、無呼吸低呼吸指数(AHI (Apnea Hypopnea Index))を調べることがで、睡眠時無呼吸症候群の診断を行います。 いびき、鼻の空気の通り、胸や腹の動き、血中酸素の状態、脈拍数、睡眠中の体位などを調べることができます。

 

 

終夜睡眠ポリソムノグラフィー(PSG検査)
病院に1泊2日入院して行う、いわば「睡眠の精密検査」です。睡眠時無呼吸症候群の診断を行うだけではなく、睡眠中の異常行動、睡眠の質、睡眠の実際の様子、合併症の有無を診断します。 脳波、眼・口や足の動き、いびき、鼻の空気の通り、胸や腹の動き、血中酸素の状態、脈拍数、睡眠中の体位、睡眠中の実際の様子などを調べることができます。 ※当院には入院施設はありませんので、提携医療機関での検査となります。


   

CPAP療法(continuous positive airway pressure:CPAP(シーパップ)(持続陽圧呼吸療法)

相模原 内科 病院 睡眠時無呼吸症候群(いびき)外来 CPAP療法

基本的には鼻にマスクをつけ、気道に圧力をかけて空気を送りこみ、睡眠中に気道が塞がらないようにする治療法です。気道が塞がらないことで、無呼吸や低呼吸が少なくなります。睡眠の質が改善し、起床時・日中の眠気も少なくなります。


CPAP療法の長所と短所

長所 : 睡眠の質が改善し、高血圧などの生活習慣病の改善が期待されます。結果的に動脈硬化の進行を防ぎ、脳卒中、心筋梗塞や狭心症などの発症を抑える効果が期待されます。 また、あなたの“いびき”でよく眠れない家族の睡眠の質も改善が期待されます。
短所 : マスク装着で不快感や寝苦しさを感じる方がいます。加湿機能がついていないマスクを使用すると、のどの痛みや乾燥がみられることがあります。鼻炎などで鼻の通りが悪い方は、点鼻薬や内服薬を併用して頂くこともあります。

 

CPAP療法で通院する際に約束して頂きたいこと

必ず月1回受診してください


CPAP療法の治療効果や適正使用についてはもちろん、合併症(高血圧・肥満など)の評価についても診察室で確認させてください。

相模原 内科 病院 睡眠時無呼吸症候群(いびき)外来 CPAP療法

CPAP療法 どのくらい治療費がかかりますか?

健康保険の自己負担額が3割の方は1か月あたり約5000円かかります。この中に診察代やCPAPレンタル料などが含まれています。血液検査など他の検査を行った場合、別途お金がかかります。

※当院ではCPAP療法を安全に行って頂くために十分な説明を行い、同意書という形でCPAP療法についての説明を患者様にお渡ししております。

 

CPAP療法で使用するマスク

現在お使いのマスクを継続して使用可能です。


相模原市中央区で町田橋本八王子からも通院しやすい内科病院・睡眠時無呼吸症候群(いびき)外来 CPAP療法

睡眠時無呼吸症候群(いびき)外来があなたの人生をサポート

JR相模原駅1分の大場内科クリニックには睡眠時無呼吸症候群(いびき)外来があります。睡眠時無呼吸症候群(SAS)は生活習慣病と密接に関連し、心筋梗塞や脳卒中を発症しやすいだけではなく、居眠り運転による交通災害が社会的問題となっています。

睡眠時無呼吸症候群(いびき)外来には『いびきが大きい』『寝ている最中に呼吸が止まっている』など、ご家族の勧めでお越しになる方がほとんどです。まずはご自宅で簡易検査を行い、無呼吸低呼吸指数(AHI)などを測定してSASを診断します。入院が必要となる精密検査を行う方もいます。

SASの多くは気道が狭くなる閉塞型睡眠時無呼吸症候群(OSAS)です。CPAP治療が有効で、鼻にマスクをつけ圧力をかけて空気を気道に送り、寝ている最中の呼吸を助けます。CPAP治療を行うことで睡眠の質が改善し、高血圧などの生活習慣病も改善されるという報告があります。