この記事をシェアする

投稿日:2016年03月27日|カテゴリ: ,

こんにちは、大場内科クリニックです。糖尿病は、疲れやすくなり、合併症を発症しやすくなり、放置しておくと大変な病気です。また、治す場合も厳しい食事制限が取られ大変な思いをします。軽度なうちに直しておくのが賢明です。今回は糖尿病について解説します。

糖尿病の症状や治し方

糖尿病の症状としては、尿の量が多くなったり、喉が乾きやすくなったり、体重の減少が起こったり、疲れやすくなったります。
糖尿病の診療としては血糖値を見ます。
超尿病の血糖値は、異常値を示します。血糖値は1日の中でも変動しますが、空腹時の血糖値は70?109mg/dlで、食後2時間後の血糖値は、140mg/dl未満とされています。早朝空腹時血糖値が126mg/dl以上、または食後血糖値が200mg/dl以上の場合、超尿病の血糖値と言えるでしょう。
糖尿病の基本的な治療方法としては、「食事療法」と「運動療法」、「薬物療法」が取られます。特に薬物療法では、「α-グルコシダーゼ阻害薬」や「スルフォニル尿素薬」、「インスリン抵抗性改善薬」などが使用されます。

糖尿病は、血液検査にてすぐに判明します。自覚症状が出てしまうと病気が進行してしまっていますので、早期発見が大切です。当院でも血液検査を行なっていますので、気になる人はお気軽にご来院ください。

 
相模原市糖尿病内科クリニック



【糖尿病 関連記事】
糖尿病とはどんな病気?治療や検査を簡単にわかりやすく【まとめ】
糖尿病の食事療法「炭水化物・糖質制限ダイエット」
HbA1cとはどんな検査?基準値や正常値-糖尿病の診断・治療目標
運動療法で糖尿病が改善出来るのか?〜運動と糖尿病〜
糖尿病のインスリン注射いつから誰がうつ必要があるのか?やめられる?
糖尿病の血糖測定はいつ・なぜするの?いくつならOK?
糖尿病の症状チェックリスト-初期症状~末期症状-
糖尿病の検査や治療にかかる費用は?初診と再診の違い

この記事をシェアする