この記事をシェアする

投稿日:2016年03月11日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。お仕事をされている方は、企業定期健康診断などで、様々な検査をされているかと思います。その結果、心電図の異常を指摘された方もいらっしゃいましたら、お早めに医師にご相談ください。

循環器科はハードルが高い?

お近くの循環器科のかかりつけ医に相談されるのが一番ですが、循環器科と聞くとあまりにも本格的すぎて、気軽な相談がしづらい、という方もいらっしゃるかもしれませんね。
でも、そんなことはありませんよ。
循環器系での異常には、不整脈、狭心症などの可能性が含まれています。
不整脈は日常生活の肉体的負荷とは関係なく、夜間や朝方に発症する事が比較的多い為、健康診断などの短時間での心電図では判断しきれません。
その為、日常生活の長時間の心電図を記録できる「ホルター心電図」を使用して、詳細な検査を行います。
「ホルター心電図」での検査は、胸に小さな電極と、モニターした心電図を記録する装置を衣類に取り付けて完了です。あとはいつもと同じように日常生活を送って頂けます。
その後、記録された心電図から、異常が発生した時間や頻度などを確認し、その原因が心臓にあるのか、またその治療方法などを検討します。

お仕事をされている方はなかなか時間も取りづらく、病院へと足を運びづらいでしょうが、たった一つの大切なお身体です。そのままで放置せずに、まずは一度、お気軽にご相談ください。

この記事をシェアする