この記事をシェアする

投稿日:2016年03月03日|カテゴリ: ,

こんにちは、大場内科クリニックです。皆さん、血糖値という言葉を知っていますか。血糖値は血液中に流れているブドウ糖の値を表したものです。通常の値なら問題ありませんが、あまり高いと糖尿病のおそれがあります。

糖尿病は早めの治療が肝心

超尿病の血糖値というのは通常と比べて非常に高いです。なぜ、このような状態になるのかというと原因は2つあります。一つ目は、血糖値を下げるインスリンを分泌する臓器が何らかの形によって破壊されてしまった時。二つ目は、食生活の乱れによってインスリンで血糖値を抑えきれなくなってしまった時です。前者は比較的、症状が表に現れやすいので早期発見が期待できます。しかし、後者は症状が現れにくいため、気がついたときにはとりかえしのつかない状況になっていることが多いです。糖尿病を予防するためには定期的に血液検査を受けるようにしましょう。発見自体は容易ですからきちんと健康診断を受けてもらえれば予防することが可能です。もしも、現在気になっている症状がある人はぜひ一度当院で診療を受けてください。

糖尿病になると目や腎臓、体の動きに変化が現れます。放置しておくと失明や人工透析が必要になることもあります。超尿病の血糖値は生活改善と薬によって下げることが可能です。もしも、なってしまったとしても私達と二人三脚で治していきましょう。

 
相模原市糖尿病内科クリニック



【糖尿病 関連記事】
糖尿病とはどんな病気?治療や検査を簡単にわかりやすく【まとめ】
糖尿病の食事療法「炭水化物・糖質制限ダイエット」
HbA1cとはどんな検査?基準値や正常値-糖尿病の診断・治療目標
運動療法で糖尿病が改善出来るのか?〜運動と糖尿病〜
糖尿病のインスリン注射いつから誰がうつ必要があるのか?やめられる?
糖尿病の血糖測定はいつ・なぜするの?いくつならOK?
糖尿病の症状チェックリスト-初期症状~末期症状-
糖尿病の検査や治療にかかる費用は?初診と再診の違い

この記事をシェアする