この記事をシェアする

投稿日:2016年02月28日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。皆さんの中で、睡眠中に呼吸が止まってしまう方はいらっしゃいませんか。もしかしかしたら、それは閉塞型睡眠時無呼吸症候群(閉塞型SAS)かもしれません。

睡眠時無呼吸症候群の症状とは

閉塞型睡眠時無呼吸症候群(閉塞型SAS)は、睡眠中にのどや気道がふさがってしまうために、呼吸が止まってしまう病気です。肥満の方、顎が小さい方、アレルギーや花粉症などで鼻が詰まりやすい方、更年期の方に多いといわれています。
睡眠中の症状としては、大きないびきをかいたり、いびきや呼吸がとまってしまったり、夜中に苦しくて何度も目が覚めるなどがあります。起床時に熟睡感を感じなかったり、口が渇いている方、日中の眠気や集中力の低下などの症状を感じている方も注意が必要です。昼間の車の運転中に耐えられない眠気によって、事故を起こしてしまったというニュースを聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
呼吸が止まっているときは酸欠の状態なので、浅い眠りが続きます。睡眠時間はしっかり取っているのにいつも睡眠不足を感じるという方も、睡眠時無呼吸症候群を疑ってみたほうがよいでしょう。

閉塞型SASの合併症として高血圧による動脈硬化、夜間突然死、脳卒中や脳梗塞などの命に関わる病気のリスクが高くなるため、早期の治療が大切です。大場内科クリニックには、睡眠時無呼吸症候群(いびき)外来があります。気になる症状がある方は、ぜひ一度診察を受けてみてください。

この記事をシェアする