この記事をシェアする

投稿日:2016年02月25日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。企業定期健康診断を行っている企業も多いと思いますが、社員の健康を守るためには、病気を未然に防ぐ健康診断を選択することが大切となります。

企業定期健康診断なら循環器科へ

不整脈などは命に関わる問題ですが、自身が不整脈であったり、狭心症であるという自覚を持っていない方も少なくはありません。突然死のある不整脈などは事前に把握して治療を取り組むことが大切となります。循環器科では、ホルター心電図を利用して不整脈などの有無を調べています。企業定期健康診断でも、ホルター心電図を用いた検査を取り入れることが可能となっており、病気の早期発見、改善へと導いています。
社員の健康を守るのは企業の努めでもあります。社員が健康だからこそ企業は発展します。そのため。
定期的に行う検査も念入りにすることが大切です。循環器科なら、通常の検査に加えて、近年増えている狭心症などを早期に発覚するための検査も取り入れていますので、社員を大切にされている企業の多くが活用されています。

狭心症などは自覚症状がない場合も少なくはありません。そのため定期的に検査を受けることが大切となります。企業定期健康診断にホルター心電図を取り入れることで、自覚症状がない病気も判明することが可能となっています。

この記事をシェアする