この記事をシェアする

投稿日:2016年02月22日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。雇入時健康診断では身長体重などの体格のほか、血液検査によって労働者の健康を把握しなければなりません。血液検査でチェックする項目とはどういったものか、ご紹介します。

血液検査の結果に応じたアドバイス

採血によって血液検査を行いますが、一般的に知られた血糖値など以外にも様々な数値を求めることができます。しかし、その時々によって必要な数値が異なるため、状況に応じてお示ししております。雇入時健康診断で必要な血液検査の健診項目は、貧血でないかどうか、肝機能検査、血中脂質検査そして血糖検査になります。これらの項目は病気かどうかを調べるというより、仕事をするにあたって生活習慣病を予防するため、改めた方が良い箇所を知るために行います。大場内科クリニックでは、雇入時健康診断で要求される血液検査の健診項目に加え、気になる生活習慣病へのアドバイス、診療も行っていますので、万が一正常ではない数値が発見された場合でも安心です。初めての方でもお気軽に大場内科クリニックへご来院下さい。

雇用者のための健診は、法律で何種類か決められています。雇入時のほか1年ごとに必要な定期健診や、海外派遣のための健診にも大場内科クリニックは対応しています。駅から徒歩1分の場所にあるので、ご来院の際はとても便利です。

この記事をシェアする