この記事をシェアする

投稿日:2016年02月21日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。医療の形態が多様化し、昨今では、左近では、外来、入院に次ぐ第三の医療として、在宅医療が盛んになってきています。通院することが難しい患者の場合、自宅、あるいは老人施設などを医師が訪問して医療を行うことを意味しています。

医師が訪問診療や往診をする事例が多いです

医療の用語として、訪問診療と往診があります。訪問診療や往診のそれぞれの違いはどこにあるのでしょうか。いずれも、医師が患者さんの症状を診るという点では、全く同じです。
昨今は、高齢者の人たちが治療のために利用してきた医療機関への入院に制限が加わってきている現実があります。片や、自宅や老人ホーム、グループホームなどの高齢者向け施設で療養する人々が年々増えてきています。そういった現状から、病院で受けることのできた医療サービスを高齢者が住んでいる診療エリアでも提供していくのが在宅医療と呼ばれているものになります。この在宅医療が、訪問診療と往診とに分かれるのです。訪問診療とは、24時間態勢で在宅療養を支えていくところに大きな特徴があります。それに対して、往診というのは、通院不可能な患者さんから要請されて、そのつど、医師が診療を行うことを意味しています。

医療で困った問題の一つに、高齢者が医療機関に通院することが困難である、ということがあります。そこで、逆に、医師が患者の自宅や老人施設を訪問することが増えてきました。限られた診療時間を有効に使う手法とも言えましょう。

この記事をシェアする