この記事をシェアする

投稿日:2016年02月19日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。消化器疾患を治療する際には不安なことが多いです。そんな時通常の医師よりもかかりつけ医に診てもらう方が安心感を得られ治療に専念できます。

かかりつけ医の重要性

消化器疾患になってしまった際には、自分の力だけで治癒できることは多くはありません。病院にかかった時などに、今まで大きな病気をしたことがない人やちょっとしたことでは病院には行かないという人にとっては不安なことが多いです。また、そのような人はかかりつけ医がいないということが不安な要因のひとつであるといえます。消化器科のかかりつけ医は持病がある方へのケアや家族の不安を取り除くということに特化しており、疾患へのアプローチの他、患者さんに関わるものの不安を解消していく存在です。少し呼吸が苦しい、肺のあたりに痛みを感じるといった症状を感じた場合にはすぐ近くの病院ではなくあなたが選ぶ消化器科のかかりつけ医になりうる医師がいる病院へ行って診断、治療をしてもらいましょう。

かかりつけ医という言葉を聞いたことがあるけれど、実際どのような人であるかわからないという方もその存在にどのような意味があったかを理解してもらえたでしょうか。気軽に相談できるかかりつけ医に出会えることが治癒への近道なのです。

この記事をシェアする