この記事をシェアする

投稿日:2016年01月24日|カテゴリ: ,

こんにちは、大場内科クリニックです。糖尿病のインスリン注射は患者の症状に合わせて医師が改善する方法として患者に提示します。症状が比較的に重い方がこの方法で治療をします。

基本的な注射の頻度や種類

糖尿病のインスリン注射は何回か指導を医師や看護師から受けた後は、自宅や職場そして学校で自分で行います。基本的なこの疾患を間然するために行う頻度は食事の前に注射をします。注射薬は自宅で保管をするので、ある程度の大きさがある冷蔵庫が必要です。専門の診療を行っている医師が処方を決めるので、自分の生活スタイルを話して経口薬とどちらが良いか相談をします。この薬にはいくつか種類があり効果のでる時間などが異なるので医師と相談をする事が大切です。血液検査の結果によって薬を変える場合があります。食事療法や運動と併用してこの疾病を改善する目的で使用する事が多いです。この注射薬を使用すると保険を使用しても月に平均して1万円程度を考えておくと良いです。経口薬を使用せずにこの薬を最初から使用する場合があります。

この方法は慣れないうちは練習が必要です。場合によっては入院をしている間に自己注射を習う場合があります。食事の前に行うのが大切なので、職場や学校の理解が大切です。

 
相模原市糖尿病内科クリニック



【糖尿病 関連記事】
糖尿病とはどんな病気?治療や検査を簡単にわかりやすく【まとめ】
糖尿病の食事療法「炭水化物・糖質制限ダイエット」
HbA1cとはどんな検査?基準値や正常値-糖尿病の診断・治療目標
運動療法で糖尿病が改善出来るのか?〜運動と糖尿病〜
糖尿病のインスリン注射いつから誰がうつ必要があるのか?やめられる?
糖尿病の血糖測定はいつ・なぜするの?いくつならOK?
糖尿病の症状チェックリスト-初期症状~末期症状-
糖尿病の検査や治療にかかる費用は?初診と再診の違い

この記事をシェアする