この記事をシェアする

投稿日:2016年01月20日|カテゴリ: ,

こんにちは、大場内科クリニックです。近年、欧米の食生活が日本に入ってきてから、生活習慣病にかかるひとが多くなってきています。特に糖尿病は食生活が大きく影響してきます。

インスリンを必要とする前に

糖尿病は太っている人だけがなる病気ではありません。食生活がきちんとしていないと誰でもなってしまう可能性のある病気です。食事の中に含まれた糖質は、正常な状態であれば膵臓から分泌されたインスリンというホルモンが分解して脳や筋肉が働くときのエネルギーの源となります。しかし、糖尿病になってしまうと膵臓からうまくインスリンが分泌されなくなり、糖質が分解されなくなってしまうため、血液の中に糖質が残ってしまう状態となってしまいます。それが長く続くと糖質をたくさん含んだ血液が血管壁を傷つけてしまうため、体がそれを修復していくうちにだんだん血管壁が熱くなってしまい、最終的には動脈硬化のような状態になってしまいます。そうならないために糖尿病のインスリン注射が必要となります。

糖尿病のインスリン注射が必要とならないためにも、血糖値が高かったり、糖尿病の症状が現れたら早めに診療を受けましょう。早期の治療をすることでインスリン注射とならなくてすみます。

 
相模原市糖尿病内科クリニック



【糖尿病 関連記事】
糖尿病とはどんな病気?治療や検査を簡単にわかりやすく【まとめ】
糖尿病の食事療法「炭水化物・糖質制限ダイエット」
HbA1cとはどんな検査?基準値や正常値-糖尿病の診断・治療目標
運動療法で糖尿病が改善出来るのか?〜運動と糖尿病〜
糖尿病のインスリン注射いつから誰がうつ必要があるのか?やめられる?
糖尿病の血糖測定はいつ・なぜするの?いくつならOK?
糖尿病の症状チェックリスト-初期症状~末期症状-
糖尿病の検査や治療にかかる費用は?初診と再診の違い

この記事をシェアする