この記事をシェアする

投稿日:2016年01月11日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。当院は内科、呼吸器科、循環器内科、消化器内科の診療を行っているクリニックです。循環器内科では狭心症や虚血性心疾患、心房細動などの不整脈について調べるホルター心電図検査を行っています。

ホルター心電図で心臓の状態をチェック

雇入時健康診断の結果、心雑音・心電図異常の診療が必要だと指摘された方や、普段の生活の中で、左胸や左肩、みぞおちなどに痛みを感じる方、動悸を感じたり、ふっと意識が飛んだりふらついてしまうことがあるという方は、当院で心雑音・心電図異常の診療をお受けすることをお勧めします。これらの症状は、狭心症や不整脈の兆候とも考えられます。放っておくと知らない間に進行して、脳梗塞や心筋梗塞など恐ろしい病気の原因となる可能性もあるため、詳しく検査をすることはとても重要です。当院のホルター心電図検査は、小さな計測器と電極を装着し、普段通りに一日過ごしてもらうことで、日常生活の中で起こる細かい心電図変化をしっかりと記録し、普通の検査では見落としがちなちょっとした異常にも気づくことができるので、その後の治療も効果的になります。

心臓の異常は放っておくと取り返しのつかない事態を招く危険性が高いです。少しでも異常を感じたり、健康診断などで気になる点があったら、しっかりと検査を受けて適切な治療を受けることが重要です。

この記事をシェアする