この記事をシェアする

投稿日:2016年01月07日|カテゴリ: ,

こんにちは、大場内科クリニックです。高齢になるにつれて、高血圧はよく見られる病気のひとつです。最近は若い人も油断をしていると知らない間に高血圧になっていることがあります。

高血圧の症状が現れたら

日本人は塩辛い味付けを好む傾向があるため、食事に塩分が多く入っていることが多いです。生活習慣病と言われている高血圧は、初期症状では血圧の高さが問題になりますが、放置していると重大な合併症を引き起こすこともある病気です。
日頃の健康管理は大事ですが、薬でコントロールしながら食事療法も必要になってきます。塩分を控えめにして、規則正しい生活を心掛けましょう。高血圧の薬を飲むと一時的に症状が軽くなり、治ったと勘違いしがちですが薬の服用を医師の指示があるまではしっかり続けましょう。病状が進行すると動脈硬化を引き起こし、血管が硬く狭くなることにより一層血管への負荷がきつくなり脳卒中や心筋梗塞の危険が高くなります。そうなる前にしっかり治療をして血圧をコントロールしていきましょう。

近年、高血圧は誰にでも起こる生活習慣病です。高血圧は長期の観察や治療を必要とする病気なので信頼できるかかりつけ医をみつけ、適切な診療を早く受けることが大切です。

 
相模原市糖尿病内科クリニック



【糖尿病 関連記事】
糖尿病とはどんな病気?治療や検査を簡単にわかりやすく【まとめ】
糖尿病の食事療法「炭水化物・糖質制限ダイエット」
HbA1cとはどんな検査?基準値や正常値-糖尿病の診断・治療目標
運動療法で糖尿病が改善出来るのか?〜運動と糖尿病〜
糖尿病のインスリン注射いつから誰がうつ必要があるのか?やめられる?
糖尿病の血糖測定はいつ・なぜするの?いくつならOK?
糖尿病の症状チェックリスト-初期症状~末期症状-
糖尿病の検査や治療にかかる費用は?初診と再診の違い

この記事をシェアする