この記事をシェアする

投稿日:2015年12月10日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。発作性の呼吸困難や喘息は、肺や心臓の病気で起こる場合もあるので注意しましょう。気管支喘息の場合、夜間や明け方に起こりやすいという特徴があります。

気管支喘息はどんな病気?

気管支喘息は、気管支にある粘膜が常態的に炎症を超すために発症します。気管支が炎症を起こすことで内腔が狭くなり、様々な刺激に対して気管支が過敏に反応するのです。その結果として、せきや痰などの症状が起こります。
日本で最も多いとされる気管支喘息の原因は、アレルゲンを吸引することでアレルギー・免疫反応を起こすことです。治療法としては、抗炎症療法が一般的です。
せきが止まらないなどの症状がある場合、早めの受診をおすすめします。気管支喘息の診療を受けることで、呼吸困難など辛い症状が緩和されるでしょう。
大場内科クリニックでは、安心して利用いただけるよう呼吸器科のかかりつけ医を目指しています。駅から徒歩1分の好立地だから、かかりつけ医として利用しやすい環境だといえるでしょう。

気管支喘息の診療など期間が長引く治療では、通勤の便利さが大切です。大場内科クリニックなら駅からも近く通院しやすい立地です。家族みんなのかかりつけ医として利用いただけます。

この記事をシェアする