この記事をシェアする

投稿日:2015年12月04日|カテゴリ: ,

こんにちは、大場内科クリニックです。当院は、JR横浜線の相模原駅南口から徒歩1分のところにあり、アクセス抜群です。初診再診に関わらず、予約なしでも受付しています。

糖尿病の食事療法について。

糖尿病とは、すい臓で作られるインスリンというホルモンの作用不足によって慢性的に高血糖になった状態のことを言います。初期症状として、異常なのどの渇きや排尿があります。また食事をとったのに空腹を感じたりもします。全身がだるく疲れやすかったり、体重が急に減ったりもします。治療として、食事療法があります。過食やまとめ食いを控え、インスリンが効率的に使われるようにすることが目的です。ポイントは、「一日三食きちんと食べる」「ゆっくりを意識して、よく噛んで食べる」です。一食抜いたり、まとめ食いすると、一度にたくさんのインスリンが必要になるため、すい臓に負担がかかります。また栄養バランスやカロリーも大切です。必要以上のカロリーを取らないようにし、すい臓の負担を軽くして動きを回復させましょう。

糖尿病は自分では気づきにくい病気のひとつです。少しでも上記のような症状があれば、早めの診療をおすすめします。当院では、糖尿病の食事療法についても指導しています。ぜひ一度来院ください。

 
相模原市糖尿病内科クリニック



【糖尿病 関連記事】
糖尿病とはどんな病気?治療や検査を簡単にわかりやすく【まとめ】
糖尿病の食事療法「炭水化物・糖質制限ダイエット」
HbA1cとはどんな検査?基準値や正常値-糖尿病の診断・治療目標
運動療法で糖尿病が改善出来るのか?〜運動と糖尿病〜
糖尿病のインスリン注射いつから誰がうつ必要があるのか?やめられる?
糖尿病の血糖測定はいつ・なぜするの?いくつならOK?
糖尿病の症状チェックリスト-初期症状~末期症状-
糖尿病の検査や治療にかかる費用は?初診と再診の違い

この記事をシェアする