この記事をシェアする

投稿日:2015年11月19日|カテゴリ: ,

こんにちは、大場内科クリニックです。糖尿病の薬を専門医との診療の際に治療の一環として必要だと言われる場合があります。どのような種類の薬が自分の症状に必要なのか医師と相談をします。

どのような薬の種類が有効なのかを知る

糖尿病の薬は注射薬と経口薬があります。医師はその方の症状に合わせてこれらの薬を処方します。これらの薬は食事をした際に血糖値が急激に上がるのを抑制する作用があり、多くの方が使用しています。定期的な血液検査の結果から医師が薬を変更する場合があるので、どのような違いが予想できるのか確認すると良いです。経口薬は大きく分けて食前に服用するタイプと食後に服用するタイプがあります。どちらも飲み忘れがないように気をつける必要があります。薬の中にはインスリンを促す以外に、食欲をおさえて血糖値のコントロールを可能にするタイプの薬があります。これらの薬を何種類か併用している方もいますが、定期的な検査で調整をする場合があります。例えば症状が改善されれば薬を変更したり減らします。

この疾患は食事をすると血糖値が上昇するので、血糖値をコントロールできるように薬で補います。最近では新薬の種類が増えているので、場合によっては医師と相談して薬の変更を検討します。

 
相模原市糖尿病内科クリニック



【糖尿病 関連記事】
糖尿病とはどんな病気?治療や検査を簡単にわかりやすく【まとめ】
糖尿病の食事療法「炭水化物・糖質制限ダイエット」
HbA1cとはどんな検査?基準値や正常値-糖尿病の診断・治療目標
運動療法で糖尿病が改善出来るのか?〜運動と糖尿病〜
糖尿病のインスリン注射いつから誰がうつ必要があるのか?やめられる?
糖尿病の血糖測定はいつ・なぜするの?いくつならOK?
糖尿病の症状チェックリスト-初期症状~末期症状-
糖尿病の検査や治療にかかる費用は?初診と再診の違い

この記事をシェアする