この記事をシェアする

投稿日:2015年11月07日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。いつもお腹の調子が悪い、胃が痛い、下痢や便秘に悩んでいる、このような人はとても多いですよね。特にストレス社会においては、消化器の病気になる確率は非常に高いと言われています。そんな体の不調を常に管理してくれるのが、かかりつけ医と呼ばれる医師の存在です。

普段から体調を管理するかかりつけ医

子供や大人、また高齢者でも消化器科の病気は多いものです。ストレスに弱いとされている胃や腸などは、ちょっとした事でダメージを受けやすく、体調不良を起こしがちです。そんな状態をチェックし管理し適切に処置を施してくれるのが、消化器科のかかりつけ医です。普段から患者さんの体調や状態をチェックし、今起こっている症状に合った適切な治療や処方を行なってくれる心強い味方です。常に患者さんのデータを管理する事で、病気の原因や進行具合などを見つけ出し、場合によっては検査設備の整った病院への紹介も行なってくれます。これは、普段から患者さんを診ているからこそ出来る事です。消化器科の病気は薬を処方される事が多く、症状を注意深くチェックする必要があるので、かかりつけ医の存在はとても大きいです。

このように、自分の体を管理してくれる消化器科のかかりつけ医がいれば、安心出来ると思いませんか?ストレスによってお腹の具合が悪くなったら直ぐに相談出来る相手になってくれます。かかりつけ医をあなたが選ぶ事で、普段からの健康管理と病気の早期発見、早期治療が出来るようになります。

この記事をシェアする