この記事をシェアする

投稿日:2015年11月04日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。花粉が飛び始める季節、「なんだか鼻がむずむずする」「目がかゆいような気がする」「のどがイガイガする」、このような症状を少しでも感じているなら、それは花粉症のかかりはじめかもしれません。もしかして?と思ったら、早めの受診をおすすめします。

花粉症の診療を受けて原因を明らかに

花粉症、とひとことで言っても、そのアレルゲンとなる花粉の種類は一つではありません。1月ごろから飛散しはじめるスギ、それより少し遅れて出てくるヒノキが代表的ですが、その他にも、花粉症を引き起こす花粉は数十種類あると言われています。
病院で花粉症の診療を受け、ご自分がどの植物の花粉に反応しているのか知ることは、症状を軽減させるためには重要なことです。
アレルゲンを調べるためには、血液検査や、皮膚にアレルゲンをつけて反応をみる検査などが必要で、素人が自分で調べようと思っても難しいものがあります。
また、他の病気と同じく、花粉症の薬にも多くの種類があります。
体質や症状によって、薬が合う・合わない、効く・効かない、が出てきますから、へたに自己判断で市販の薬で治そうとしても、効かなかったり、副作用が出てきてしまったりする可能性も高いのです。やはり専門知識を持った医師に薬を処方してもらった方が、安心で確実と言えるでしょう。

大場内科クリニックでは、花粉症の診療も行っています。駅から徒歩1分ですから、通勤や通学、お買い物のついでにも通いやすく、定期的に薬の処方が必要になる花粉症の受診も便利です。

この記事をシェアする