この記事をシェアする

投稿日:2015年10月30日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。生活習慣病は、現在の世の中の背景を表している病気です。食べ物の豊富さや運動不足にストレスなどの様々な要因が絡み合って生じる病気です。

生活習慣の改善は早めに考える

生活習慣病は、自分では病気だと思っていなくても色々な病気が隠れた部分で進行して時には重大な事態となる事がある為、定期的な診断や早めの受診が大切となります。生活習慣病のほとんどが、食生活の乱れがあります。不規則な時間の食事や炭水化物そして糖質の摂り過ぎは問題です。アルコールの飲み過ぎも食欲増進させ必要以上のカロリーを摂取してしまい肥満へと近づきます。更に運動不足も大きく関係しています。体を動かすには筋肉が活動しますが、エネルギー源は糖質です。例え糖質の高いものを摂取しても、定期的に運動をしていれば血糖値の上昇を抑える事ができ糖尿病の予防にもなります。生活習慣病の診療を受けて医師に相談をし、早めに改善の策を講じる事で生活習慣の乱れからくる重篤な病気の予防にも繋がります。

肥満傾向にある方や不安がある方は、生活習慣病の診療を一度受けて食事と運動そして喫煙や飲酒などの改善を早ければ早いほど実地する事を強くお勧めします。強い気持ちを持って治療にあたれば必ず改善できます。

この記事をシェアする