この記事をシェアする

投稿日:2015年10月29日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。会社にお勤めの場合は企業定期健康診断に参加しているでしょうが、動悸など気になる症状の人には循環器科ではホルター心電図での検査をお勧めしています。

循環器科での24時間の心電図検査

ホルター心電図とは24時間の心電図検査が可能な、心臓の状態を調べることが出来る装置です。大きな物ではなく、日々の生活の邪魔をすることなく装着できる小さな物です。予約が必要であったり装着時に時間が少しかかったりする他は、普段通りの生活をすることが可能です。動悸やめまい、不整脈など自覚症状があったり健康診断で所見ありとなった場合は必要な検査になります。普段通りの生活の中でも心臓の状態に異常があると判断するのに最適な装置だとも言えます。腰に巻くタイプの物から首から提げることの出来る大きさの物まで様々なので、医師と相談して決める事もあります。寝るときも装着したままなのでストレスになる人もいることでしょうが、就寝時の不整脈も心臓病の判断材料になるのでがんばって検査を受けましょう。

不整脈は単に動悸が速いことではなく、脈のリズムが乱れたり運動をしていないのに急にドキドキしたりするので自覚症状が割と報告されています。しかし一時のことと後回しにしてしまいがちなので、健康診断などのきっかけは大切にして、時間を作って受診するようにしましょう。

この記事をシェアする