この記事をシェアする

投稿日:2015年10月24日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。40歳を超えるとイブレントゲン検査やメタボ検診などが健康診断の検査項目に追加が行われます。健康診断の目的は病気を早く見つける、予防を行う事で再検査(要精査)の判定が下された場合には早めに検査や治療を考える必要があります。

健康診断で再検査(要精査)は早めが大切

会社勤めをする人は会社で健康診断を受診する事になりますが、検診車が会社の近くに来るので検診車の中で肺のレントゲン、バリウム検査などを行う事が出来ます。
健康診断で再検査(要精査)になった時には病気の進行状態などを確認するためにも早めの受診が大切です。
大場内科クリニックは健康診断、雇用前の雇入時健診、呼吸機能や骨粗鬆症などの検査も可能にしており、検査結果に応じての治療も可能にしています。
検診車での検査や検査クリニックなどの場合は、検査結果で精密検査が必要になるケース、要治療となった場合には治療を行うための病院探しが必要になります。
その点、大場内科クリニックでは内科全般の治療が可能であり、再検査においても詳しく調べる事が出来ます。

バリウム検査や血液検査で再検査となった時には早めの受診が大切です。再検査を行って問題がなければ1年間は安心が出来ますし、病気は小さい段階で治療を行えば完治する可能性が高くなります。

この記事をシェアする