この記事をシェアする

投稿日:2015年10月18日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。焼肉や焼き鳥、ポテトチップスなどの塩分の多いものは美味しいですが、血圧が上がる原因になるので気を付けましょう。健康診断で高血圧の診療が必要とわかったら、早めの受診をおすすめします。

薬と生活習慣の見直しで血圧を下げる

日本人は欧米化の食生活により、昔に比べると塩分を摂り過ぎる人が増えています。血圧が高くても、最初のうちは自覚症状がありませんが、動脈硬化が進行すると、脳卒中や心疾患のリスクが高まるので、健康に長生きしたいなら、定期的に高血圧の診療を受けるようにしてください。
血圧を下げる薬を服用すれば、正常値にすることが出来ますが、普段の生活習慣も見直す必要があります。塩分の多い食事は出来るだけ避けて、お酒も飲み過ぎないことが大切です。適度に体を動かした方が良いので、ウォーキングや自転車に乗る習慣をつけましょう。
運動をすれば余分な脂肪も落ちるので、肥満を解消することが出来ます。肥満体型になると、高血圧以外の生活習慣病のリスクが高まるので、気になる方は診療を受けてください。

塩分の摂り過ぎが原因で高血圧になる人が多いので、健康で長生きしたいなら、薬の服用や生活習慣の見直しで対処するようにしてください。肥満体型の人は生活習慣病になりやすいので注意が必要です。

この記事をシェアする