この記事をシェアする

投稿日:2015年10月07日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。あれ?なんかちょっと熱っぽいな?喉が痛いな?そんなことを思ってはいるけど、どうしても病院に行く時間がなくて市販で売っているような風邪薬ばかり飲んでいたりしませんか。

風邪薬を飲んでもすぐ喉が痛くなる時。

夜寝ているときに喉が痛くて起きてしまう、薬を飲んでもすぐ喉の痛みがぶり返してしまう、そんな症状は気管支炎の疑いがあります。
ただ、喉が痛いだけだから病院に行くこともないんじゃないかとは思っていませんか?。
放っておくと少しずつ痛みが広がっていって、そのうちに喉だけではなく胸の方まで変だなと感じてくるようになるかもしれません。
喉の痛みは相変わらずなのにだんだん呼吸が苦しい気がしてきた、そんなときは要注意。
それは喉の炎症がひどくなっている時です。
ただの喉の炎症が少しずつ気管支まで炎症を広げ、そのうちに肺炎にまでなってしまいかねない病気ですから、気管支炎の診療を早めに受けることが大切です。
そんなときはまず気管支炎の診療をするために呼吸器内科へ。
専門のお医者さんが診てくれるので安心して受診できます。

風邪薬は喉の痛みを抑えてくれるだけで治してくれるわけではなく、ただの喉の痛みだと思っているものが気管支炎にまでなっているかもしれません。きちんとした早めの受診がその後長引く喉の痛みを軽くしてくれます。

この記事をシェアする