この記事をシェアする

投稿日:2015年10月04日|カテゴリ: ,

こんにちは、大場内科クリニックです。糖尿病と診断された場合に気をつけなくてはならないのは合併症です。糖尿病には三大合併症というのがあり網膜症や神経障害、腎症があります。

かかりつけ医と相談しながら治療しましょう

糖尿病の合併症を防ぐにはクリニックに定期的に通い症状にあった治療を受ける事が大切です。その為糖尿病のかかりつけ医をあなたが選ぶことが必要です。かかりつけ医であればちょっとしたことでも相談しやすく自分の病状も把握しているので変化に気がつきやすいでしょう。当クリニックではインスリン療法をすでに導入している方でも通院してもらうことも可能です。糖尿病には食事療法や運動療法、投薬やインスリン療法等と様々な血糖コントロールの方法があるので自分の症状や生活習慣や仕事等をトータルで考えながら無理なく日々治療と向き合うようにできればいいですね。治療をちゃんとすることができ自分でコントロールできれば決して怖い病気ではありません。一人で背負って闘わずにみんなで協力していきましょう

糖尿病のかかりつけ医と一緒に症状を緩和していくようにすればちょっとした不安の相談や食事療法のアドバイス等と肉体的な部分だけでなく精神的にも気持ちが楽になる事もあるようです。

 
相模原市糖尿病内科クリニック



【糖尿病 関連記事】
糖尿病とはどんな病気?治療や検査を簡単にわかりやすく【まとめ】
糖尿病の食事療法「炭水化物・糖質制限ダイエット」
HbA1cとはどんな検査?基準値や正常値-糖尿病の診断・治療目標
運動療法で糖尿病が改善出来るのか?〜運動と糖尿病〜
糖尿病のインスリン注射いつから誰がうつ必要があるのか?やめられる?
糖尿病の血糖測定はいつ・なぜするの?いくつならOK?
糖尿病の症状チェックリスト-初期症状~末期症状-
糖尿病の検査や治療にかかる費用は?初診と再診の違い

この記事をシェアする